インテリア

ある日のワインが浮かぶ、見た目も香りも高貴なディフューザー

昔話ですが、とあるよく晴れた気持ちの良い初夏のこと。近くへランチにでも出かけようかと皇居にほど近いホテルの鉄板焼へ行った日のことでした。

それはそれは気分の良い日だったので、シャンパンを飲み干した後にワインをボトルでオーダーし、昼間から飲んで食事をして陽気に楽しんでいました。その日に飲んだのは、Caymus(ケイマス)で、このワインはジャミーでナパカベの王道といったワインですが、いつ飲んでも品質が安定していて、ちょっと良いものが飲みたい時に信頼できるものです。


※画像クリックで商品ページへ 

その時に、隣りの席に素敵な中年紳士がおひとり様で食事をされていました。出された料理と会話するように、ゆっくりと、ひとくちひとくち噛みしめるように味わいながら、ニコニコと食事されているのを見て、1人でこれだけ楽しそうな方も珍しいなと何だか気になってしまい、笑
お隣りの方のワイングラスが空いたところで、「ご一緒にどうですか?」と、誘って飲むことに。聞いたところ、年に1度だけ地方から学会の出席に来られるお医者さんとのことで、その時だけの贅沢として、ここのお店の鉄板焼を食べに来られるのだとか。

お医者さんが先に食事を終えられそうなところで、こちらの会話を聞いていたのか、「折角なので、記念にお写真でもどうですか?」と、給仕の女性の計らいで写真をいただきました。ちょうどその4年前の写真を見つけ、この記事を書いています。

 

ワインにまつわる贈り物

先の話のお医者さんは、いまも細々と繋がっています。その時に、中年男性をナンパして連絡先を交換したわけではないのですが、笑
たまたまその後もご縁がありました。また、お医者さんはその時はすぐに帰られてしまい、写真はこちらだけ持っていたので、それをプレゼントしたいなと思い、その時のシチュエーションにまつわる良い贈り物ができないか考えて、当時とても気にっていたディフューザーを添えて贈ることにしました。これは、今では大人気となり、日本全国に出店も広がったこの商品です。

 

ドットール・ヴラニエス(Dr. Vranjes) - ロッソ・ノービレ(ROSSO NOBILE)
おすすめ度★★★★★

※画像クリックで商品ページへ 

この香りに出会ったのは2015くらいだったと思うのですが、当時は毎週のように良い新築マンションを探しにモデルルーム巡りをしていました。そこで気づいたのは、高級マンションほど良い香りの演出があり、その中で特に使用頻度の高いものがドットール・ヴラニエスでした。

頻度という軸で言えば、「ALIA(アリア)」というタイプの空間を邪魔しない香りが置いてあることが多く、アプリシャンもこちらも使っていますが、こと全戸億ションなどの高級マンションになると、より高貴なイメージからか、濃厚な「ロッソ・ノービレ」の香りを配備していることが多く、当時は商品を知らなかったのでモデルルームの方に聞いて教えていただき購入したのがきっかけでした。下の透明感のあるデザインのものがアリアです。

 

ドットール・ヴラニエス(Dr. Vranjes) - アリア(ARIA)
おすすめ度★★★★

※画像クリックで商品ページへ 

また、実際に使用してみて気付いたことですが、この商品は非常に香りが長持ちするということです。ディフューザーなので、スティックを差す本数など使用方法にもよりますが、ウォークインクローゼットなどある程度閉じたコンパクトな空間であれば、リフィル(中身)が無くなる最後の方でさえ、質の良い香りが継続します

様々なディフューザーを購入して比較してみたところ、ドットール・ヴラニエスのように香りが長持ちするリフィルにはポイントが2つあり、1つはアルコール成分が少ないこと(香りがすぐに揮発してしまう)、もう1つは有効成分の質が高いことに気づきました。2つめは主観的ですが、極端な話でトイレの芳香剤とJO  MALONEの香水を比較すれば、香りの複雑さ・濃さの違いに誰でも分かると思いますが、ディフューザーも5,000円程度の商品までは見た目の華やかさ・可愛さはあれど香りは濃くないor継続しないというケースが多く、そこから15,000円程度までは真面目に価格分の素材が投入されて濃さや複雑さが上がるケースが多く、多くの方にとって良い香りと感じるレベルの商品が多くなります。

某財閥系モデルルームでは、女性社員の意見を反映し、万人に差し障りの無い香りを選んでいると仰っていたので、ドットール・ヴラニエスは、実際に来客者を招き入れる空間で実験され、選ばれたと言えるものになります。その中でも、ロッソ・ノービレはそのオリジナリティを感じるだけの香りの趣向性があり、ストロベリー中心に広く好まれる果実や花をブレンドした香りは印象的で、プレゼントにも最適です。

冒頭の話に戻りますが、ロッソ・ノービレはワインも使っているため、ワインを飲み交わした記憶からこちらをプレゼントしました。もし、ワイン好きの方がいらっしゃったら、決め手になるかもしれません。特に、下の商品はワイン好きの方にデザイン観点でもおすすめです。

 

ドットール・ヴラニエス - ロッソ・ノービレ(デキャンタ)
おすすめ度★★★★★

 

※画像クリックで商品ページへ

並行輸入品はこちら(更にお安いです)
ドットール・ヴラニエス diffuser ディフューザー ROSSO NOBILE ロッソ ノービレ SET BOX 750ml [並行輸入品]

 

 

まとめ

香りの好みは人それぞれではありますが、今回は失敗しにくいおすすめの商品を選んで紹介してみました。

きっかけは、冒頭の1枚の写真の記憶からでしたが、最近ショッピングモールを歩いていて、若い男性がウルトラマリンという香水をつけていて、アプリシャンがまだ学生の頃に流行った香りで、懐かしいなと思い出していたのもありました。


人間の嗅覚は、最も原始的な器官で、犬などと比べると大変劣っていて鈍いのですが、一度記憶するととても深く記録される器官のようです。お気に入りの香りで、お部屋にも記憶にも印象的な暮らしができると良いですね。

 

-インテリア

© 2021 Apprecian (アプリシャン)